【子宮頸がん(最終解析)】「アバスチン+化学療法」vs「化学療法」

化学療法を受けたことがない人、標準治療を受けた後も病勢が持続している人は、化学療法に「アバスチン」の上乗せを選択することで、生存期間の延長が期待できる。最終解析においても結論は変わらなかった。

試験では「アバスチン」を上乗せすることによって、生存期間が13,3ヵ月から16.8ヵ月に延長(p=0.007)。

【発表】

2017年7月27日

【試験名】

GOG240〔NCT00803062

【原著】

Lancet 2017; 390: 1654–63. [PMID: 28756902]

【内部リンク】

【外部リンク】