【ALK陽性肺がん:二次治療】「ブリガチニブ180mg/日」vs「ブリガチニブ90mg/日」

ザーコリ」治療が不応になった場合の「ブリガチニブ」の投与量は、「180mg/日」を選択することで、奏効率の向上が期待できる。

試験では「ブリガチニブ 180mg/日(初回7日までは90mg/日)」と「ブリガチニブ 90mg/日」の奏効率を比較。「ブリガチニブ 90mg/日」治療を受けた45%で奏功し、「ブリガチニブ 180mg/日」治療を受けた54%で奏功。無増悪生存期間は「90mg/日」治療を受けた人で9.2ヵ月、「180mg/日」治療を受けた人で12.9ヵ月。

主な有害事象(主にグレード1または2)は悪心(33%→40%)、頭痛(28%→27%)、咳(18%→34%)。

【発表】

2017年5月5日

【試験】

Phase 2

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35 :2463–2466. [PMID: 28475456]