【大腸がん:一次治療】「ゼローダ+イリノテカン+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」

初めての治療を考える場合、「XELIRIゼローダイリノテカン)+アバスチン」レジメンを選択しても「FOLFIRIアバスチン」レジメンを上回る無増悪生存期間は期待しにくい。

試験では、「XELIRIアバスチン」レジメンの無増悪生存期間について、「FOLFIRIアバスチン」レジメンと比較。「FOLFIRIアバスチン」治療を受けた人の無増悪生存期間が10.8ヵ月であったのに対し、「XELIRIアバスチン」治療を受けた人では10.2ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.67)。

生存期間は、「FOLFIRIアバスチン」治療を受けた人で20.0ヵ月であったのに対し、「XELIRIアバスチン」治療を受けた人では25.3ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.099)。

主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(13% vs 22%)、下痢(19% vs 11%)。

【発表】

2012年6月29日

【試験名】

ANZCTR(Phase 3)〔ACTRN12610000270011

【原著】

BMC Cancer. 2012;12:271. [PMID: 22748098]