【HER2陽性大腸がん】「ハーセプチン+タイケルブ」

KRAS野生型の人で、あらゆる標準治療が無効となった人でも、HER2陽性であれば、「ハーセプチンタイケルブ」治療を選択することで腫瘍縮小効果が期待できる。試験では30%の人が奏功した。

試験では「ハーセプチンタイケルブ」治療を受けた22%の人で、グレード3の有害事象(倦怠感、皮疹、ビリルビン値上昇)が現れた。

【発表】

2016年4月20日

【試験名】

HERACLES

【原著】

Lancet Oncol. 2016 Apr 20.

【外部リンク】