【肺または肝転移大腸がん:術後治療】「転移巣切除+5-FU」vs「転移巣切除」

肺または肝転移のある人が転移巣切除術後に「5-FUロイコボリン」治療を選択しても無増悪生存期間、生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「転移巣切除術」後に「5-FUロイコボリン」治療を受けた人と「転移巣切除術」のみを受けた人の無増悪生存期間(p=0.058)および生存期間(p=0.095)に統計学的に有意な差は認められなかった。

【発表】

2008年9月15日

【試験名】

FFCD/ENG

【原著】

J Clin Oncol. 2008;26:4906-11. [PMID: 18794541]