【肝転移大腸がん:転移巣切除術前治療(OS)】「アービタックス+FOLFIRI」vs「アービタックス+FOLFOX」

肝転移を有する人が転移巣切除の前の治療を考える場合、「アービタックス」治療への組み合わせる化学療法は「FOLFIRI」でも「FOLFOX」でも奏効率に差はない。

試験では、「転移巣切除術」前に、「FOLFOXアービタックス」治療を受ける人と「FOLFIRIアービタックス」治療を受ける人の「奏効率」を比較。ここでは二次評価項目であった無病生存期間、生存期間について分析。

FOLFOXアービタックス」治療を受けた人の生存期間は35.8ヵ月、「FOLFIRIアービタックス」治療を受けた人の生存期間は29.0ヵ月であり、治療間に差はなかった(p=0.09)。無増悪生存期間は「FOLFOXアービタックス」治療を受けた人で11.2ヵ月、「FOLFIRIアービタックス」治療を受けた人で10.5ヵ月と治療間に差はなかった(p=0.4)。

R0切除に至った人の生存期間は53.9ヵ月と、至らなかった人の21.9ヵ月に比べ、有意に長かった(p<0.001)。R0切除に至った人の無病生存期間は9.9ヵ月、5年生存率は46.2%。

【発表】

2014年2月27日

【試験名】

CELIM(Phase 2)〔NCT00153998

【原著】

Ann Oncol. 2014;25:1018-25. [PMID: 24585720]

【内部リンク】

【外部リンク】