【結腸がん:術後治療】「FOLFOX+アバスチン」vs「FOLFOX」

手術後の補助療法として「FOLFOX」治療に「アバスチン」の上乗せを選択しても無病生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、StageⅢの結腸がんの術後補助療法として、「FOLFOXアバスチン」治療、または「CapeOXアバスチン」治療が、「FOLFOX」治療に比べ、無病生存期間が延長するかについて検証。48ヵ月の追跡の結果、「FOLFOX」治療を受けた76%の人が3年後も再発なく生存していたのに対し、「FOLFOXアバスチン」治療を受けた人では73%、「CapeOXアバスチン」治療を受けた人では75%と治療間に差はなかった。

主要評価項目ではないが、5年生存率は「FOLFOX」治療を受けた人で85%、「FOLFOXアバスチン」治療を受けた人で81%と「アバスチン」の上乗せによって有意に低下(p=0.02)。「CapeOXアバスチン」治療を受けた人では82%と「FOLFOX」治療と差はなかった(p=0.21)。

【発表】

2012年11月16日

【試験名】

AVANT(Phase 3)〔NCT00112918

【原著】

Lancet Oncol. 2012;13:1225-33. [PMID: 23168362]

【外部リンク】