【前立腺がん:二次治療】「ジェブタナ20mg/㎡」vs「ジェブタナ25mg/㎡」

ドセタキセル」治療後に病勢が進行した人は、「ジェブタナ」を現在の承認用量である「25mg/㎡」から「20mg/㎡」に減量しても、劣らない生存期間が期待できる。

試験では「ジェブタナ 20mg/㎡」治療の生存期間を、承認用量である「ジェブタナ 25mg/㎡」治療と比較。その結果、「ジェブタナ 20mg/㎡」に減量しても生存期間は13.4ヵ月と、「ジェブタナ 25mg/㎡」治療を受けた人の14.5ヵ月に対する非劣性が示された。

主要評価項目ではないが、PSA奏効率は減量によって42.9%から29.5%に低下(p<0.001)、PSAで評価した進行までの期間は減量によって6.8ヵ月から5.7ヵ月に短縮。

グレード3または4の有害事象の発現率は、減量によって54.5%から39.7%に減少。

【発表】

2017年8月15日

【試験名】

PROSELICA(Phase 3)〔NCT01308580

【原著】

J Clin Oncol. 2017 ;35:3198-3206.  [PMID: 28809610]

【外部リンク】