【結腸がん:術後治療】「イリノテカン+5-FU+ロイコボリン」vs「5-FU+ロイコボリン」

手術後の補助療法として「5-FUロイコボリン(de Gramont レジメン)」に「イリノテカン」の上乗せを選択しても無病生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「5-FUロイコボリン(de Gramont レジメン)」治療を受けた人の3年無病生存率は60%、「5-FUロイコボリンイリノテカン」治療を受けた人では51%と治療間に差はなかった(p=0.42)。5年生存率も「5-FUロイコボリン」治療を受けた人で67%、「5-FUロイコボリンイリノテカン」治療を受けた人で61%と治療間に差はなかった。

【発表】

2009年1月29日

【試験名】

FNCLCC Accord02/FFCD9802(Phase 3)

【原著】

Ann Oncol. 2009;20:674-80. [PMID: 19179549]