【乳がん:一次・二次治療】「ネクサバール+ゼローダ」vs「ゼローダ」

一次治療または二次治療において、「ゼローダ」治療に「ネクサバール」治療の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

試験では、「ネクサバールゼローダ」併用治療の無増悪生存期間について、「プラセボ+ゼローダ」治療と比較。「ネクサバールゼローダ」併用治療を受けた人の無増悪生存期間が5.5ヵ月であったのに対し、「プラセボ+ゼローダ」治療を受けた人の5.4ヵ月と差は認められなかった(ハザード比=0.973;95%信頼区間=0.779-1.217;p=0.811)。

生存期間は、「ネクサバールゼローダ」併用治療を受けた人で18.9ヵ月、「プラセボ+ゼローダ」治療を受けた人で20.3ヵ月と、治療間に差はなかった(ハザード比=1.195;95%信頼区間=0.943-1.513;p=0.140)。奏効率は「ネクサバールゼローダ」併用治療を受けた人で13.5%、「プラセボ+ゼローダ」治療を受けた人で15.5%と、治療間に差はなかった(p=0.515)。

主な有害事象は、手足症候群(59.6%→79.2%)、下痢(37.8%→47.3%)、粘膜炎(6.7%→15.4%)、高血圧(5.6%→26.2%)。グレード3または4の有害事象は、手足症候群(7.1%→15.4%)、下痢(6.4%→4.2%)、嘔吐(0.7%→3.5%)。

【発表】

2017年5月22日

【試験名】

RESILIENCE(Phase 3)

【原著】

Clin Breast Cancer. 2017 May 22. [PMID: 28830796]

【外部リンク】