【頭頸部がん:一次治療】「シスプラチン+アービタックス」vs「パクリタキセル+シスプラチン+アービタックス」

頭頸部扁平上皮がんの人が初めての治療を考える場合、「シスプラチンアービタックス」による2剤併用療法を選択することで、3剤併用療法に劣らない無増悪生存期間が期待できる。

試験では、「シスプラチンアービタックス」による2剤併用療法の無増悪生存期間について、「パクリタキセルシスプラチンアービタックス」による3剤併用療法に対する非劣性を検証。3剤併用療法を受けた人で7ヵ月であったのに対し、2剤併用療法を受けた人では6ヵ月と非劣性が示された。

グレード3以上の有害事象は、2剤併用療法を受けた人の76%、3剤併用療法を受けた人の73%が経験。グレード4以上の有害事象は、2剤併用療法を選択することで33%から14%に減少(p=0.015)。

【発表】

2017年9月8日

【試験】

Phase 2〔EudraCT 2011-002564-24

【原著】

Ann Oncol. 2017 Sep 8. [PMID: 28950305]