【悪性黒色腫:術後治療】「オプジーボ」vs「ヤーボイ」

手術後の補助療法として「オプジーボ」治療を選択することで「ヤーボイ」治療を上回る無再発生存率の向上が期待できる。

試験では手術後の補助療法として「オプジーボ」治療を受けた人の無再発生存率を「ヤーボイ」治療を受けた人と比較。1年無再発生存率は「ヤーボイ」治療を受けた人で60.8%であったのに対し、「オプジーボ」治療を受けた人では70.5%と有意に改善(ハザード比, 0.65; 97.56%信頼区間, 0.51 – 0.83; P<0.001)。

治療関連有害事象(グレード3または4)は「ヤーボイ」治療を受けた人で45.9%であったのに対し、「オプジーボ」治療を受けた人では14.4%。有害事象による治療中止は「ヤーボイ」治療を受けた人で42.6%であったのに対し、「オプジーボ」治療を受けた人では9.7%。

【発表】

2017年9月10日

【試験名】

CheckMate 238(Phase 3)〔NCT02388906

【原著】

N Engl J Med 2017; 377 : 1824-35. [PMID: 28891423]

【外部リンク】