【胃がん:術後治療(3年DFS)】「ゼローダ+エルプラット」vs「経過観察」

手術後に補助療法として「ゼローダエルプラット」治療を選択することで3年無病生存率の向上が期待できる。

術後療法中に56%の人がグレード3または4の有害事象を経験した(vs 6%)。主な有害事象は、悪心、好中球減少症、食欲減退。

本試験と国内Phase 2試験に基づいて、2014年12月19日、ゼローダエルプラットの併用で「胃がんにおける術後補助化学療法」の効能・効果を追加する承認申請が行われ、2015年11月20日、承認された。

【発表】

2012年1月7日

【試験名】

CLASSIC(Phase 3)〔NCT00411229

【原著】

Lancet Oncol. 2014;15:1389-96. [PMID: 22226517]

【内部リンク】

【外部リンク】