【肝細胞がん】「ネクサバール+肝動脈化学塞栓療法」vs「肝動脈化学塞栓療法」

「薬物溶出肝動脈化学塞栓療法」に「ネクサバール」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

主な有害事象(グレード3または4)は、倦怠感(18%)、腹痛(13%)、下痢(10%)、胃腸障害(11%)、手足症候群(8%)。

【発表】

2017年6月23日

【試験名】

TACE 2(Phase 3)〔ISRCTN93375053

【原著】

Lancet Gastroenterol Hepatol. 2017;2:565-575. [PMID: 28648803]