【乳がんまたは胃がん】DS-8201

数ラインの治療を受けた乳がん、胃がんの人が次の治療を考える場合、抗体薬物複合体「DS-8201(トラスツズマブ デリュクステカン)」治療を選択することで、奏功が期待できる。

主な有害事象(グレード3または4)は、リンパ球減少、好中球数減少、貧血。

【発表】

2017年10月13日

【試験】

Phase 1〔NCT02564900

【原著】

Lancet Oncol. 2017; 18:1512–22. [PMID: 29037983]