【乳がん:術後治療】「タモキシフェン→アリミデックス(6年)」vs「タモキシフェン→アリミデックス(3年)」

ホルモン受容体陽性の人は、手術を受けた、「タモキシフェン」による2〜3年の補助療法後に、「6年間のアリミデックス」治療を選択しても、「3年間のアリミデックス」治療を上回る無病生存期間は期待しにくい。

「6年間のアリミデックス」治療の選択は、「3年間のアリミデックス」治療に比べ、関節痛・筋肉痛、骨量減少・骨粗鬆症の発現リスクが増加。

【発表】

2017年10月11日

【試験名】

DATA(Phase 3)〔NCT00301457

【原著】

Lancet Oncol. 2017; 18:1502–1511. [PMID: 29031778]