【ホジキンリンパ腫(中間PET-CT陽性)】「BEACOPP」vs「リツキサン+BEACOPP」

初めての治療を考える場合、PET陽性の人では「増量BEACOPP」レジメンに「リツキサン」を上乗せしても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。PET陰性の人では「増量BEACOPP」レジメンを2サイクル少なくしても無増悪生存期間は変わらない。

BEACOPP
「ブレオマイシン+エトポシドドキソルビシンシクロホスファミドビンクリスチンプロカルバジンプレドニゾロン」から成る。BEACOPP 療法は高毒性なことなどからわが国では一般化しておらず、ABVD 療法が標準治療として広く行われている。

【発表】

2017年10月20日

【試験名】

HD18(Phase 3)〔NCT00515554

【原著】

Lancet. 2017 Oct 20.