【嘔吐予防】「サリドマイド+アロキシ+デキサメタゾン」vs「アロキシ+デキサメタゾン」

高度催吐性化学療法の初回治療を受ける予定の人は「アロキシデキサメタゾン」治療に「サリドマイド」の上乗せを選択することで嘔吐の完全抑制の向上が期待できる。

サリドマイド」の上乗せによって鎮静、めまい、便秘、口渇の発現が多くなる。

【発表】

2017年8月30日

【試験名】

CLOG1302

【原著】

J Clin Oncol. 2017;35:3558-3565. [PMID: 28854065]

【外部リンク】