【乳がん:術後治療】「AC-T」vs「ACT」vs「ドキソルビシン+ドセタキセル」

リンパ節転移陽性の人は、手術を受けた後、「ドキソルビシンシクロホスファミド(AC)」4サイクル後に続いて「ドセタキセル(T)」4サイクルの治療(AC-T)を選択することで、8年生存率の向上が期待できる。

試験では「ドキソルビシンドセタキセル」治療および「ドキソルビシンシクロホスファミドドセタキセル(ACT)」治療を受けた人の8年生存率が79%であったのに対し、「AC-T」治療を受けた人の8年生存率は83%であり、「AC-T」治療は「ドキソルビシンドセタキセル」治療に比べ、8年生存率の有意な向上を示した(ハザード比 0.83, p=0.03)。

また「AC-T」治療を受けた人の8年無病生存率は74%であり、「ドキソルビシンドセタキセル」治療、「ACT」治療を受けた人の69%に比べ、有意な向上を示した。

【発表】

2010年6月3日

【試験名】

NSABP B-30(Phase 3)〔NCT00003782

【原著】

N Engl J Med. 2010;362:2053-65. [PMID: 20519679]

【外部リンク】