【肺がん:悪液質】「アナモレリン」vs「プラセボ」

がんに伴う悪液質に悩んでいている人は、グレリン受容体作動薬「アナモレリン」治療を選択することで、除脂肪体重の増加が期待できる。日本のPhase 2試験の結果。

【発表】

2017年12月4日

【試験名】

ONO-7643-04(Phase 2)〔JapicCTI-142451

【原著】

Cancer. 2017 Dec 4. [PMID: 29205286]

【外部リンク】