【ホジキンリンパ腫:一次治療】「アドセトリス+AVD」vs「ABVD」

初めての治療を考える場合、「AVD(ドキソルビシン+ビンブラスチン+ダカルバジン) 」療法に「アドセトリス」上乗せを選択することで、「ABVD(ドキソルビシン+ブレオマイシン+ビンブラスチン+ダカルバジン)」療法に比べ、無増悪生存率の向上が期待できる。

好中球減少症は「アドセトリス+AVD」療法を受けた58%に、ABVD療法を受けた45%に発現。末梢神経障害は「アドセトリス+AVD」療法を受けた67%に、ABVD療法を受けた43%に発現。グレード3以上の肺毒性は「アドセトリス+AVD」療法を受けた1%未満に、ABVD療法を受けた3%に発現。

【発表】

2017年12月10日

【試験名】

ECHELON-1(Phase 3)〔NCT017124902011-005450-60

【原著】

N Engl J Med 2018; 378:331-344. [PMID: 29224502]

【外部リンク】