【大腸がん(VEGF-D高値):二次治療】「サイラムザ+FOLFIRI」vs「FOLFIRI」

FOLFOX(またはCapeOX)+アバスチン」が無効になった人の中でもVEGF-D値が115pg/dL以上の人は「サイラムザFOLFIRI」治療の選択によって生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2017年12月7日

【試験名】

RAISE(Phase 3)〔NCT01183780

【原著】

Ann Oncol. 2017 Dec 7. [PMID: 29228087]

【内部リンク】

【外部リンク】