【マントル細胞リンパ腫:一次治療】「VR-CAP」vs「R-CHOP」

新たに診断された人は「VR-CAP(ベルケイドリツキサンシクロホスファミドドキソルビシンプレドニゾン)」療法を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験では好中球減少症と血小板減少症を経験した人は「VR-CAP」療法を受けた人で多かった。

【発表】

2015年3月5日

【試験名】

LYM-3002(Phase 3)〔NCT00722137

【原著】

N Engl J Med. 2015;372:944-53. [PMID: 25738670]

【内部リンク】

【外部リンク】