【乳がん:術後治療(5年DFS)】「LH-RHアゴニスト+アロマシン」vs「LH-RHアゴニスト+タモキシフェン」

閉経前でホルモン受容体陽性の人が手術後の治療を考える場合、「アロマシン+LH-RHアゴニスト等による卵巣機能抑制」を選択することで5年無増悪生存率の向上が期待できる。

本試験の結果などを評価・吟味し、日本乳癌学会は『乳癌診療ガイドライン』において「LH-RHアゴニストとエキセメスタンの併用は考慮してもよい(推奨グレード C1)」としている。

【発表】

2014年6月1日

【試験名】

TEXT(Phase 3)〔NCT00066703〕/SOFT(Phase 3)〔NCT00066690

【原著】

N Engl J Med. 2015 ;372:436-46. [PMID: 24881463]

【内部リンク】

【外部リンク】