【乳がん:術前治療】「アブラキサン+化学療法」vs「パクリタキセル+化学療法」

HER2陰性の人が手術の前の補助療法を考える場合、「アブラキサン」を選択しても病理学的完全奏功の向上は期待しにくい。

パクリタキセル」治療を受けた人の11.3%、「アブラキサン」治療を受けた人の16.0%が深刻な有害事象を経験した。「パクリタキセル」治療を受けた人の1.8%、「アブラキサン」治療を受けた人の4.5%がグレード3以上の末梢神経障害を経験した。

【発表】

2018年1月11日

【試験名】

ETNA(Phase 3)〔NCT01822314

【原著】

JAMA Oncol. 2018 Jan 11. [PMID: 29327055]