【悪性黒色腫:術前術後治療】「タフィンラー+メキニスト」+「手術」vs「手術」

手術前後の「タフィンラーメキニスト」による補助療法を選択することで無イベント生存期間の延長が期待できる(ハザード比 0.016, 95%信頼区間 0.00012–0.14, p<0.0001)。

主な有害事象(グレード3)は、下痢(15%)。

【発表】

2018年1月17日

【試験名】

Combi-Neo(Phase 2)〔NCT02231775

【原著】

Lancet Oncol. 2018;Jan 17. [PMID: 29361468]