【肝細胞がん:一次治療】「レンビマ」vs「ネクサバール」

初めての治療を考える場合、「レンビマ」治療を選択することで、「ネクサバール」治療に劣らない生存期間が期待できる(ハザード比 0.92, 95%信頼区間 0.79–1.06, 非劣性マージン 1.08)。

レンビマ」治療の主な有害事象(グレード1以上)は、高血圧(42%)、下痢(39%)、食欲減退(34%)、体重減少(31%)。「ネクサバール」治療の主な有害事象は、手足症候群(52%)、下痢(46%)、高血圧(30%)、食欲減退(27%)。

この試験結果に基づいて、2018年3月23日、日本が世界に先駆けて「レンビマ」に関して「切除不能な肝細胞癌」の適応を取得した。

【発表】

2018年2月9日

【試験名】

REFRECT(Phase 3)〔NCT01761266

【原著】

Lancet. 2018; 391: 1163–1173. [PMID: 29433850]

【外部リンク】