【肺がん:一次治療】「パルサツズマブ+アバスチン+化学療法」vs「アバスチン+化学療法」

初めての治療を考える場合、「カルボプラチンパクリタキセルアバスチン」治療に抗EGFL7抗体「パルサツズマブ」の上乗せを選択することで、無増悪生存期間が短縮する可能性が高い。

【発表】

2018年2月7日

【試験】

Phase 2

【原著】

Oncologist. 2018 Feb 7. [PMID: 29438092]