【乳がん:術前治療】「ベリパリブ+カルボプラチン+パクリタキセル」vs「カルボプラチン+パクリタキセル」vs「パクリタキセル」

トリプルネガティブの人が術前治療を考える場合、「パクリタキセル→AC(ドキソルビシンシクロホスファミド)」治療に、「カルボプラチン」治療の上乗せを選択することで病理学的完全奏功の向上が期待できるが、さらにPARP阻害薬「ベリパリブ」の上乗せを選択してもさらなる病理学的完全奏功の向上は期待しにくい。

カルボプラチン」治療の上乗せによってグレード3-4および重篤な有害事象が増加するが、「ベリパリブ」の上乗せによっては増加しない。

【試験名】

BrighTNess(Phase 3)〔NCT02032277

【原著】

Lancet Oncol. 2018 ;19:497-509. [PMID: 29501363]