【大腸がん:一次治療】「遺伝子多型に基づく化学療法+アバスチン」vs「CapeOX+アバスチン」

初めての治療を考える場合、TYMS-3‘UTR および ERCC1-118に基づいた化学療法(FUOX、FUIRI、XELIRI、XELOX)+アバスチン治療を選択しても、「XELOX(CapeOX)+アバスチン」治療に比べ、無増悪生存期間の延長は期待しにくい(p=0.745)。

しかし、奏効率、R0切除率の向上が期待できる。

【発表】

2018年2月1日

【試験名】

SETICC(Phase 2)〔NCT01071655

【原著】

Ann Oncol. 2018;29:439-444. [PMID: 29145602]