【肺がん:三次治療】イミフィンジ

2ライン以上の治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、抗PD-L1抗体「イミフィンジ」治療を受けることで奏功が期待できる。

試験では「イミフィンジ」治療を受けた人の9%がグレード3または4の有害事象を経験した。

主な有害事象(グレード3または4)は、肺炎(1%)、γ-GTP上昇(1%)、下痢(1%)、注射部位反応(1%)、AST上昇(1%)、トランスアミナーゼ上昇(1%)、嘔吐(1%)、倦怠感(1%)。

【発表】

2018年3月12日

【試験名】

ATLANTIC(Phase 2)〔NCT02087423

【原著】

Lancet Oncol. 2018 ;19:521-536. [PMID: 29545095]

【外部リンク】