【慢性リンパ性白血病:二次治療】「イムブルビカ」vs「リツキサン」

再発・難治性の慢性リンパ性白血病の人でも、「イムブルビカ」治療を選択することで、「リツキサン」治療を選択した場合より無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。中国のPhase3試験の結果。

リツキサン」治療を受けた人では7.4%の奏効率であったのに対し、「イムブルビカ」治療を受けた人の53.8%が治療に奏功した(p<0.0001)。

イムブルビカ」治療を受けた人の82.7%がグレード3以上の有害事象を経験した。「リツキサン」治療を受けた人の有害事象発現率(グレード3以上)は59.6%。

【発表】

2018年3月13日

【試験】

Phase 3

【原著】

Cancer Med. 2018 Mar 13. [PMID: 29533000]