【胃がん:三次治療】キイトルーダ

2ライン以上の化学療法を受けた人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、奏功が期待できる。

奏功期間は8.4ヵ月。PD-L1陽性の人では奏効率15.5%、奏功期間は16.3ヵ月、PD-L1陰性の人では奏効率6.4%、奏功期間は6.9ヵ月。

【発表】

2018年3月15日

【試験名】

KEYNOTE-059(Phase 2)〔NCT02335411

【原著】

JAMA Oncol. 2018 Mar 15. [PMID: 29543932]

【外部リンク】