【大腸がん:二次治療】「ゼローダ+イリノテカン」vs「FOLFIRI」

一次治療が無効になった人が、次の治療を考える場合、「ゼローダイリノテカンXELIRI)±アバスチン」治療を選択することで「FOLFIRI±アバスチン」に劣らない生存期間が期待できる(HR 0.85, 95%信頼区間 0.71–1.02; pnon-inferiority<0.0001)。日本、韓国、中国で行われた試験結果。

主なグレード3または4の有害事象は、好中球数減少症(17% vs 43%)。XELIRI治療でFOLFIRIより多く発現する下痢(7% vs 3%)。

【発表】

2018年3月16日

【試験名】

AXEPT(Phase 3)〔NCT01996306

【原著】

Lancet Oncol. 2018;19:660–671. [PMID: 29555258]

【外部リンク】