【大腸がん:術後治療】「3ヵ月」vs「6ヵ月」

術後補助化学療法の期間を考える場合、「3ヵ月」を選択しても「6ヵ月」に比べ、劣らない3年無イベント生存率、3年生存率が期待できる。英国、デンマーク、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、ニュージランドの244施設における結果。

CapeOX」を選択した場合やT1-3/N1の人は「3ヵ月」でも「6ヵ月」に劣らない3年無イベント生存率が期待できる。

【発表】

2018年3月29日

【試験名】

SCOT(Phase3)〔NCT00749450

【原著】

Lancet Oncol. 2018 ;19:562-578. [PMID: 29611518]

【内部リンク】