【直腸がん:術後治療】「FOLFOX」vs「5-FU+ロイコボリン」

術前化学放射線療法、手術を受けた結果、病理学的病期がT3-4N0またはN1-2であった人が術後補助化学療法を考える場合、「5-FUロイコボリン」に「エルプラット」の上乗せを選択することで、3年無病生存率の向上が期待できる。

エルプラット」の上乗せを選択することで、好中球減少症、血小板減少症、倦怠感、感覚神経障害を発現するおそれが増加する。グレード3または4の有害事象の頻度は差があるほど増加しない。

主なグレード3以上の有害事象は、好中球減少症(36% vs 26%)、白血球減少症(8% vs 5%)、発熱性好中球減少症(1%未満 vs 3%)、下痢(1% vs 3%)、悪心(1% vs 1%未満)。

【発表】

2014年9月4日

【試験名】

ADORE(Phase 2)〔NCT00807911

【原著】

Lancet Oncol. 2014;15:1245-53. [PMID: 25201358]