【慢性骨髄性白血病:長期奏効例】グリベックなどTKIの休薬

グリベックタシグナスプリセルのいずれかの治療を3年以上受け、深い分子遺伝学的奏効が1年以上続いている人が、「休薬」を選択しても半数の人は1年後も奏功の持続が期待できる。

グリベック」治療を休薬した人の分析では、治療期間が長かった人、深い分子遺伝学的期間が長かった人は、休薬6ヵ月時点での分子遺伝学的大奏功率が高かった。

【発表】

2018年5月4日

【試験名】

EURO-SKI

【原著】

Lancet Oncol 2018; May 4.

【外部リンク】