【小細胞肺がん:二次治療】「アムルビシン」vs「トポテカン」

既に何らかの治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「アムルビシン」単独治療を選択しても「トポテカン」単独治療を選択した場合に比べて生存期間の延長は期待しにくい。

しかし、refractory relapseにおいては「アムルビシン」単独治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。試験では5.7ヵ月から6.2ヵ月に延長 (ハザード比, 0.77; P =0.047)。

アムルビシン」単独治療を選択することで奏効率の向上が期待できる。試験では16.9%から31.1%に向上。(オッズ比, 2.223; P<0.001)。

グレード3以上の治療関連有害事象は「アムルビシン」単独治療を選択することで、好中球減少症(41% vs 54%; P =0.004)、血小板減少症(21% vs 54%; P <0.001)、貧血(16% vs 31%; P <0.001)が減少、感染症 (16% vs 10%; P = .043)、発熱性好中球減少症(10% vs 3%; P = 0.003)が増加。心機能障害(5% vs 5%; P = 0.759)は同程度。

本試験結果を根拠の1つとして、日本肺癌学会は『EBMの手法による 肺癌診療ガイドライン』において

再発小細胞肺癌(sensitive relapse)標準治療として次のように推奨している。
推奨
  1. Sensitive relapseに対してノギテカントポテカン)単剤を行うよう提案する。(2A)
  2. Sensitive relapseに対してシスプラチンエトポシドイリノテカン療法を行うよう提案する。(2B)
  3. Sensitive relapseに対してアムルビシン単剤を行うよう提案する。(2C)

再発小細胞肺癌(refractory relapse)標準治療として「Refractory relapseに対してアムルビシン単剤を行うよう推奨する(1C)」としている。

【発表】

2014年11月10日

【試験名】

ACT-1(Phase 3)〔NCT00547651

【原著】

J Clin Oncol. 2014;32:4012-9. [PMID: 25385727]