【肝細胞がん:二次治療】キイトルーダ

ネクサバール治療を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、腫瘍の縮小が期待できる(奏効率=17%)。

試験では「キイトルーダ」治療を受けた人の24%がグレード3の有害事象を経験した。主な有害事象は、AST上昇、ALT上昇、倦怠感。

【発表】

2018年6月3日

【試験名】

KEYNOTE-224(Phase 2)〔NCT02702414

【原著】

Lancet Oncol. 2018 Jun 3. [PMID: 29875066]