【HER2陽性乳がん:術後治療】「ハーセプチン9週間」vs「ハーセプチン1年間」

HER陽性人が「手術後のハーセプチンの治療期間」を考える場合、「9週間の治療」を選択した場合、「1年間の治療」に比べ、5年後も癌がない可能性が低くなる。

1年間の治療を受けた人の3%、9週間の治療を受けた人の2%の心不全が発症した。9週間治療した人の方が左室駆出率は良好であった。

【発表】

2018年5月31日

【試験名】

SOLD(Phase 3)〔NCT00593697

【原著】

JAMA Oncol. 2018;4:1199-1206.  [PMID: 29852043]

【外部リンク】