【乳がん:術後治療】CEF vs CMF

リンパ節に転移が確認された人が手術後の化学療法を考える場合、「シクロホスファミドエピルビシン5-FU(CEF)」レジメンを選択することで、「シクロホスファミドメトトレキサート5-FU(CMF)」レジメンを選択した場合に比べ、5年無再発生存率、5年生存率の向上が期待できる。

【発表】

1998年8月

【原著】

J Clin Oncol.1998;16:2651-8. [PMID: 9704715]