【乳がん:術後治療】「ドセタキセル+シクロホスファミド」vs「ドキソルビシン+シクロホスファミド」

リンパ節に転移が確認された人が手術後の化学療法を考える場合、「ドセタキセルシクロホスファミド」レジメンを選択することで、「ドキソルビシンシクロホスファミド」レジメンを選択した場合に比べ、5年無病生存率の向上が期待できる。

【発表】

2006年12月1日

【試験】

Phase 3

【原著】

J Clin Oncol. 2006;24:5381-7. [PMID: 17135639]