【がん性胸水】「胸腔カテーテル留置法」vs「タルク胸膜癒着術」

胸水のある人は、「胸腔カテーテル留置法」を選択することで、「タルク胸膜癒着術」と比較し、治療から死亡に至るまでの(または治療から12ヵ月以内の)入院日数の短縮が期待できる。

【発表】

2017年11月21日

【試験名】

AMPLE〔ACTRN12611000567921

【原著】

JAMA. 2017;318:1903-1912. [PMID: 29164255]

【外部リンク】