【横紋筋肉腫】「ドキソルビシン+IVA」vs「IVA」

生後6で月から21歳までの転移が確認されていない高リスクの人は、「IVAレジメン(イホスファミドビンクリスチンアクチノマイシン)」に「ドキソルビシン」の上乗せを選択しても無イベント生存率の向上は期待しにくい。

試験では「ドキソルビシン」を上乗せすることでグレード3または4の白血球減少症が85%から93%に、貧血が49%から78%に、血小板減少症が26%から67%に消化器系有害事象が8%から31%に増加。

【試験名】

EpSSG RMS 2005(Phase 3)〔2005-000217-35

【原著】

Lancet Oncol. 2018; Jun 22. [PMID: 29941280]