【乳がん:手足症候群予防】「ピリドキシン+ゼローダ」vs「ゼローダ」

ゼローダ」を含む治療を受ける人が手足症候群の発現を遅らせることを目的に「ピリドキシン」を選択しても、手足症候群(グレード2以上)が発現するまでの時間は変わらない。

ピリドキシン」を服用した人の28.8%が手足症候群(グレード2以上)を経験した(vs 31.3%)。

【発表】

2018年6月8日

【試験】

Phase2

【原著】

Breast Cancer. 2018 Jun 8. [PMID: 29948956]