【肝細胞がん:二次治療】「カボザンチニブ」vs「プラセボ」

ネクサバール」治療中に病勢が進行した人が次の治療を考える場合、「カボザンチニブ」治療を選択することで、生存期間および無増悪生存期間の延長が期待できる。

グレード3または4の有害事象は「カボザンチニブ」治療を受けた人の68%(vs 36%)が経験した。主な有害事象は、手掌・足底発赤知覚不全(17% vs 0%)、高血圧(16% vs 2%)、AST値上昇(12% vs 7%)、倦怠感(10% vs 4%)、下痢(10% 対 2%)。

【発表】

2018年7月5日

【試験名】

CELESTIAL(Phase 3)〔NCT01908426

【原著】

N Engl J Med 2018; 379:54-63. [PMID: 29972759]

【外部リンク】