【大腸がん:三次治療】「オフェブ」vs「プラセボ」

標準治療を受け、病勢が進行した人が次の治療を考える場合、経口マルチキナーゼ阻害薬「オフェブ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長は期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

主な有害事象は肝毒性(16% vs 8%)、倦怠感(9% vs 6%)。

【発表】

2018年7月13日

【試験名】

LUME-Colon 1(Phase 3)〔NCT02149108

【原著】

Ann Oncol. 2018 ;29:1955-1963. [PMID: 30010751]

【外部リンク】