【悪性黒色腫:術後治療(5年生存率)】「アバスチン」vs「経過観察」

ステージⅡB、ⅡまたはⅢの人は、術後に「アバスチンによる約1年の補助療法」を選択しても5年生存率の向上は期待しにくい。

アバスチンによる約1年の補助療法」を選択することで無病期間の延長が期待できる(ハザード比 0.85; 95%信頼区間 0.74-0.99, p=0.03)。

【発表】

2018年7月13日

【試験名】

AVAST-M(Phase 3)〔ISRCTN81261306

【原著】

Ann Oncol. 2018; Jul 13. [PMID: 30010756]

【内部リンク】