【乳がん:術後治療】「AC+アバスチン→パクリタキセル+アバスチン」vs「AC→パクリタキセル」

リンパ節転が確認され、高リスクの人が手術後の治療を考える場合、「AC(ドキソルビシンシクロホスファミド)→パクリタキセル」治療に「アバスチン」の上乗せを選択しても、5年無浸潤疾患生存率の向上は期待しにくい。

試験におけるうっ血性心不全の累積発症率は「AC→パクリタキセル」治療で1.0%であったのに対し、「AC+アバスチンパクリタキセル」治療で1.9%、「AC+アバスチンパクリタキセルアバスチン」治療で3.0%であった。

【発表】

2018年7月24日

【試験名】

E5103(Phase 3)〔NCT00433511

【原著】

J Clin Oncol. 2018 Jul 24. [PMID: 30040523]