【胃がん:一次治療】「ゼローダ+シスプラチン」vs「S-1+シスプラチン」

初めての化学療法を考える場合、「ゼローダシスプラチン」治療を選択しても「S-1シスプラチン」治療を上回る奏効率は期待しにくい。大阪消化管がん化学療法研究会(OGSG)による臨床試験結果。

両治療とも認められる主なグレード3または4の血液毒性は、貧血、好中球減少症。「ゼローダシスプラチン」治療を選択した場合、3または4の食欲不振、倦怠感、低ナトリウム血症を経験する可能性が高まる。

【発表】

2018年8月16日

【試験名】

OGSG1105/HERBIS-4A(Phase 2)

【原著】

Oncologist. 2018 Aug 16. [PMID: 30115736]